サービス案内

SERVICE

太洋舎

太洋舎の
ホームクリーニング
のこだわり

「クリーニング店はどこも同じ?」
いえ、違います。
「何が違うの?」
お客様の目に見えない太洋舎のこだわりをご紹介。

ドライクリーニングってどんな仕組み?

ドライクリーニングとは溶剤で洗うことをいいます。

ドライクリーニングは、水で洗うと型崩れや縮み、色落ちなどが発生する衣類を水の変わりに有機溶剤を使うことによって衣類への影響を抑えた洗浄方法です。

有機溶剤は、分かりやすく言えば石油や灯油、ガソリンなどが有機溶剤で油の仲間です。ドライクリーニング溶剤は、日本では石油系溶剤が、最も多く使われています。

良いクリーニングの条件は溶剤の管理で決まる?

ご家庭でのお洗濯は、洗濯に使用した汚れた水を排水して捨てますが、ドライクリーニングで使用した溶剤は、排水問題で捨てられないのです。洗浄後のドライ溶剤を排水しないで循環しながら使用しています。しかし、汚れたドライクリーニング溶剤で、衣類を洗うと逆汚染(再汚染)や異臭が発生します。

一般的にドライクリーニング洗浄機では、溶剤に溶けた汚れをフィルターなどで、ろ過し汚れを取り除いて、溶剤をきれいな状態で循環させて洗っています。

ドライクリーニングの逆汚染

しかし、ドライクリーニング溶剤の汚れを取るフィルター(ろ過装置)は、永久的ではなく洗濯回数がかさむと汚れを取る能力が悪くなってきますので、定期的にフィルターを交換する必要があります。

ここで、問題になるのがドライクリーニングの溶剤がキレイな状態であるかをチェックする事が大切になります。クリーニング業界では、この事を溶剤管理と呼んでいます。溶剤管理は、むずかしく大変な手間とコストがかかります。

クリーニング店はこの溶剤管理ができているかどうかが大切なポイントです。

当社では定期的な溶剤チェック、定期的な【蒸留】により、常に新しい溶剤のような無色透明を維持させ、お客様の大切な衣類を洗っています。

太洋舎は溶剤管理を徹底しております。

ドライクリーニングとは溶剤で洗うことをいいます。
ドライクリーニングの溶剤は、通常ベースタンクという大きなタンクにあり、洗浄すると衣類の入ったドラムに溶剤が流れその回転式ドラムによって溶剤が衣類の汚れをきれいに落としてくれます。

使われた溶剤はそのままタンクに戻るのでなく、フィルターを通してタンクに戻ります。
つまり循環して汚れのみを落として再利用しているのです。
それは汚れた溶剤を使って衣類を洗うと、逆汚染や異臭の原因となるからです。

蒸留によるドライ溶剤再生

しかしフィルターも段々と目詰まりし汚れてきます。そこで定期的に交換するのですが、当社ではこれだけでは十分な溶剤管理ができないと考え、【蒸留】(これによりフィルターだけでは落としきれない脂肪酸もとることができるのです)といった工程をプラスしていつでも綺麗な溶剤を使用しています。

【蒸留】によっていつでも無色透明な綺麗な状態でお客様の大切な衣類を洗うことができます。

太洋舎 溶剤処理

太洋舎では全てのドライ機に蒸留装置を設置

蒸留とは、ベースタンクの溶剤をフィルターで綺麗にした後、さらに熱で気化させ、冷却することにより、綺麗なドライ溶剤を再生することを言います。当社では全てのドライ機にこの蒸留装置を設置し、お客様の大切な衣類をいつでも「きれいな状態」で洗っているのでご安心ください。
この機械でドライ溶剤をいつもでも綺麗な状態に保ちます。
太洋舎の溶剤は常に透明です。

一般ホームクリーニング

※メンバーズカード会員さまは随時 PRICE から 5% OFF となります。
 スマホ会員様は 10% OFFとなります。

価格(税抜)

サービスラインナップ